代表者紹介

ごあいさつ

はじめまして。

司法書士・行政書士今井法務事務所代表の今井康介(いまいこうすけ)と申します。

 

現在、兵庫県西宮市のJR神戸線・甲子園口駅徒歩1分の地に事務所を構えています。

 

さて、皆さまは「司法書士・行政書士」にどのようなイメージをお持ちでしょうか。

  • 不動産を購入するときに手続をする人
  • 借金問題に取り組んでいる人
  • 法律の専門家

など、様々なイメージがあるかと思います。

 

弁護士や税理士等との違いが分からない、という方も多いかもしれません。

 

簡単に説明しますと、「司法書士」は、

  • 不動産を購入した時や、相続した時の名義変更(不動産登記)
  • 会社設立や、会社設立後の変更手続(商業登記)
  • 認知症や精神障害者の権利を守るための財産管理・身上監護(成年後見・任意後見・民事信託)

などに携わり、「行政書士」は、

  • 内容証明や契約書などの書類作成(権利義務・事実証明に関する書類作成)
  • 飲食店営業許可や建設業許可の取得代行(許認可申請)

などに主に携わる国家資格者です。

 

そもそも、私が司法書士・行政書士を目指したきっかけは、

「法律を知らずに傷つく人をなくしたい」という思いからでした。

 

私自身、法律の知識がなかったために苦労した経験があるため、

同じように法律を知らずに傷つく人を出したくありません。

 

なお、世の中には、

「法律は弱者の味方ではなく、法律を知っている者の味方である」

という残酷な言葉もあります。

 

しかし、私は司法書士・行政書士としてだけでなく、一人の人間としても

悩んでいる方々の力になりたいと考えています。

 

司法書士・行政書士は固い職業のイメージがあるかもしれませんが、

どんなことでもお気軽にご相談下さい。

 

「司法書士・行政書士今井法務事務所へ相談をしてよかった」

そう思っていただけるよう、誠意を尽くして対応します。

 

小さな事務所ではありますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

所属

  • 兵庫県司法書士会(会員番号 第1696号)
  • 兵庫県行政書士会(会員番号 第4706号)
  • 一般社団法人家族信託普及協会会員
  • 公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート 正会員
  • 法テラス兵庫 事務所相談契約司法書士

経歴

昭和52年 愛媛県生まれ
大阪府高槻市で幼少期を過ごし、その後、大阪府吹田市へ転居。
平成7年 大阪府立摂津高等学校卒業
平成12年 関西大学文学部卒業
一般企業(建設業)に勤務
平成18年 1級土木施工管理技士試験合格
液化石油ガス設備士試験合格
平成20年 会社を退職し、試験勉強に専念
平成21年 司法書士試験合格
行政書士試験合格
宅地建物取引主任者試験合格
平成22年 京都市・大阪市の司法書士事務所・行政書士事務所に勤務
(不動産登記、商業登記、債務整理、遺言書・公正証書作成などの業務に従事)
簡易裁判所における訴訟代理等関係業務 認定考査合格
平成23年 司法書士・今井法務事務所及び今井行政書士事務所を開設
平成29年 終活ライフケアプランナー資格取得
公益社団法人 成年後見センター・リーガルサポート兵庫支部 尼崎地区(管轄:尼崎・西宮・芦屋)地区長就任
平成30年 一般社団法人家族信託普及協会会員登録

趣味

読書

司法書士・行政書士となってからは、仕事関係の読書が欠かせません。

しかし、知識の幅を広げるため、仕事関係以外の本も読むよう心がけています。

 

その中でも愛読しているのが、月刊誌の『致知』(ちち)。

 

致知のコンセプトは「人間学を学ぶ月刊誌」であり、毎回様々な著名人の話が掲載されています。

苦難や困難に負けずに頑張っている方の特集もあり、感動に涙することも一度や二度ではありません。

 

致知は、大切な人にプレゼントされることも多い雑誌です。

HPでは概要を確認することもできますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。→致知出版社ホームページ

ランニング


学生時代から走ることが好きで、事務所を開業してから本格的に練習をしました。

平成23年11月には、京都で開かれた福知山マラソン(フル)に参加して、4時間31分9秒で無事完走。

 

その後、第1回小野ハーフマラソン、尼崎市市政100周年記念あまがすきハーフマラソンにも参加しています。

機会がありましたら、神戸マラソンや大阪マラソンにも挑戦したいです。

ハイキング・登山

気候が良い時期は、ハイキングや山登りを楽しみます。

写真は、大阪・岩湧山の幻想的な霧です。

 

ハイキングや登山は運動にも気分転換になりますので飽きません。

将来は、子供と一緒に六甲山に登るのが一つの夢です。