商業・法人登記申請書に法人名のフリガナ欄が追記されます

平成30年(2018年)3月12日から、法人名のフリガナ表記については、商業・法人登記手続の申請の際にフリガナの記載が求められることになりました。
商業・法人登記をオンラインにより申請する場合でも、フリガナの記載欄に記載が必要です。

商業・法人登記申請の機会がない場合には、フリガナに関する申出書を管轄の法務局に提出して、フリガナを登録することもできます。
当該申出書には、法人の代表者が管轄法務局に提出している印鑑を押します。

また、平成30年4月2日からは、法人番号公表サイトにおいてフリガナ情報が提供されることになりますのでご留意下さい。

法務省HPはこちら

PAGE TOP