目次

はじめに

遺言とは、自分が亡くなった後に財産や権利をどう分けるかを決めるための書類です。遺言を作成するタイミングは、自分の希望がしっかりと実現されるためにとても大切です。

ここでは、遺言を作成するのに適したタイミングについて、わかりやすく説明します。

遺言を作るべきタイミング

1. 判断力があるとき

遺言を作るには、自分の行動の意味をしっかり理解できる能力が必要です。法律上は、15歳以上で、精神的に健康であることが条件です。自分の意思をしっかりと伝えられるときに遺言を作ることが大切です。

2. 大きなライフイベントの前後

ライフイベントとは、人生で大きな変化がある出来事のことです。以下のような時期に遺言を作ることを考えましょう。

結婚

結婚すると、新しい家族ができるので、遺言を作って自分の財産をどう分けるかを決めておくと安心です。

離婚

離婚した後も遺言を見直すことが重要です。元配偶者への財産分けを変更するためです。

子供の誕生

子供が生まれたら、遺言を作ってその子供にどのように財産を分けるかを考える必要があります。

家族の死

家族が亡くなった場合も、遺言を見直して新しい状況に対応することが必要です。

3. 重大な病気の診断を受けたとき

重大な病気と診断されたら、遺言を早めに作ることが大切です。健康状態が悪化する前に、自分の意思を明確に伝えられるようにしましょう。

4. 資産状況が変わったとき

財産の状況が大きく変わったときも、遺言を作成または見直すべきです。

資産が増えたとき

大きな不動産を買ったり、株式を持つようになった場合、その分け方を決めておきましょう。

資産が減ったとき

反対に、財産を売ったり大きな出費があった場合も、遺言を見直す必要があります。

5. 事業の承継を考えるとき

自営業や家業がある人は、遺言を作って事業の引き継ぎを決めることが重要です。これにより、事業がスムーズに引き継がれ、従業員や取引先も安心できます。

6. 年齢を重ねたとき

年齢を重ねると、健康状態や家族の状況が変わることがあります。特に70歳を過ぎた頃には、遺言を作ることを考えましょう。年齢とともに判断力が低下する可能性もあるので、早めに準備しておくと安心です。

遺言を作るときの注意点

法的要件を守る

遺言が有効であるためには、法律で定められた形式を守る必要があります。例えば、自筆証書遺言では、全文を手書きし、署名と日付を記入することが必要です。これを守らないと遺言が無効になることがあります。

定期的に見直す

遺言は一度作ったら終わりではありません。生活状況や家族構成が変わったら、遺言を見直して更新することが大切です。

専門家の助言を受ける

遺言を作る際には、弁護士や司法書士などの専門家の助言を受けることをお勧めします。専門家が遺言の作成をサポートし、法的に有効であることを確認してくれます。また、相続税や遺留分に関するアドバイスも受けられます。

遺言の作成方法

自筆証書遺言

自分で手書きする遺言です。全文を手書きし、署名と日付を記入します。内容を明確に書くことが大切です。例えば、財産の分け方を具体的に書きます。

公正証書遺言

公証役場で公証人が作成してくれる遺言です。公証人が内容を確認し、適切に作成してくれます。公証役場に保管されるので、なくしてしまう心配もありません。

秘密証書遺言

内容を秘密にしたい場合に使う遺言です。自分で遺言書を作成し、封印して公証人に手続きを依頼します。ただし、内容に不備があると無効になることがあるので注意が必要です。

具体例で考える遺言の大切さ

例1:中村さんのケース

中村さんは50歳で、妻と2人の子供がいます。最近、大きな不動産を購入しました。中村さんは不動産をどう分けるかを明確にするために遺言を作成するべきです。不動産は価値が高く、分け方が難しいので、遺言で具体的に指示を出すことが重要です。

例2:佐藤さんのケース

佐藤さんは65歳で退職しました。彼は独身で子供はいません。預金と自宅があり、親しい友人に感謝の気持ちを伝えたいと考えています。遺言を作って友人に一部の財産を遺贈することができます。退職後の時間を使って遺言の作成を検討することが大切です。

例3:田中さんのケース

田中さんは70歳で長い間経営してきた家業があります。最近、健康状態が悪化し、事業の引き継ぎを考え始めました。遺言を作って事業の後継者を明確に指名し、事業資産の分配を指示することができます。これにより、事業の継続性を確保し、家族や従業員も安心できます。

結論

遺言を作成するタイミングは、自分の意思を確実に反映させるためにとても大切です。判断力があるとき、大きなライフイベントの前後、重大な病気の診断を受けたとき、資産状況が変わったとき、事業の承継を考えるとき、年齢を重ねたときが適切なタイミングです。

遺言を作るときには、法的要件を守り、定期的に見直しを行い、専門家の助言を受けることが重要です。これにより、自分の意思を確実に実現し、家族や関係者にとっても安心できる遺産分配を行うことができます。適切なタイミングで遺言を作成し、必要に応じて更新することで、円満な相続を実現することができます。

おすすめの記事