先日、YouTubeに自己紹介の動画をあげましたが、第二弾を公開しました。

タイトルは、『私の仕事について(司法書士・行政書士・家族信託専門士 今井康介)』

 

今回は、同じアングルからばかりだと飽きるので、少しカメラの位置をずらしてみました。笑

ちなみに、スマートフォンを使って撮影していますので、画像が綺麗でないのはご容赦下さい。

動画『私の仕事について(司法書士・行政書士・家族信託専門士 今井康介)』

これからの司法書士・行政書士について

実は、YouTubeで動画をあげるのは、以前にも一度だけ経験があります。

その時は恥ずかしくて、すぐに非公開にしてしまいました。

 

しかし、前回の記事で書いたように、お客様の立場になれば、今どき自己紹介動画がないのは不親切だと思います。

まして、ホームページに代表者の顔写真さえ載っていないと、私なら相談しようとは考えないです。

 

もちろん、お客様はホームページ経由ばかりではありません。

ホームページから以外にも、仕事の依頼を受けることも普通にあります。

 

そのため、YouTubeに動画をあげるのが司法書士・行政書士として正しいとは言いませんが、

時代の流れとして、自己紹介動画をあげる司法書士・行政書士は増えてくるのではないでしょうか。

 

せっかくですので、私は動画作成を続けたいと思います。

お見苦しい点もあるかと思いますが、温かい目で見守って頂けましたら幸いです。

動画『私の仕事について』文字起こし

こんにちは。司法書士・行政書士の今井康介です。

 今回は、私の仕事についてお話します。

 

司法書士や行政書士はどんな仕事をしているのか分からない

そんな方も多いかもしれません。

 

実は、以前の私もそうでした。

 

この資格を取る前は、法律の仕事って堅苦しそう、

そんなイメージを持っていました。

 

ただ、実際に司法書士や行政書士の仕事内容を知ったところ、

これがなかなか面白かったんです。

 

私が興味を持ったのは、認知症や障害者の方のサポートをする

成年後見という分野でした。

 

私は、そういった方々のサポートができるとは、

なんていい仕事なんだろうと思いました。

 

最近は司法書士や行政書士に限らず、

士業の仕事はAIに取って変わられると言われています。

 

私も、事務手続きのような、単純な作業は

今後なくなっていくと考えています。

 

しかし、成年後見や家族信託など、

人との関わりが必要な仕事は別です。

 

AIが人生の悩みを解決することは

簡単ではありません。

 

そのため、複雑な悩みをサポートする仕事は、

今後もなくならないと思います。

 

兵庫県西宮市の司法書士・行政書士今井事務所では、

シンプルな書類作成から、生前対策などのサポートまで、

幅広くご相談をお受けしています。

 

お問い合わせは無料です。

お気軽にご相談ください。

おすすめの記事
神戸地方法務局西宮支局へのアクセス方法(電車・バス・徒歩)まとめ
神戸地方法務局西宮支局へのアクセス方法(電車・バス・徒歩)まとめ
不動産の登記は、不動産が西宮市にあれば神戸地方法務局西宮支局が管轄となります。 今回は、神戸地方法務局西宮支局(〒662-0942 兵庫県西宮市浜町7番35号)へのアクセス方法をまとめました。 神戸地方法務局西宮支局へのアクセス方法 神戸地方法務局ホームページには、以下のように交通手段が案内されています。 1 JR「西...
自己破産で車を残す方法は?ローンが残っているときの注意点など
自己破産で車を残す方法は?ローンが残っているときの注意点など
自己破産を考えたとき、自家用車を手放さずにいられるどうかは大きな問題です。 「破産しても車を取られない方法があれば」と考える方は多いのではないでしょうか。 今回は、自己破産で車が残せるかどうかについて、分かりやすく解説しました。 ローンが残っているときの所有権留保(しょゆうけんりゅうほ)の問題は重要ですので、ぜひお読み...
相続人が行方不明で連絡が取れないときの遺産分割協議
相続人が行方不明で連絡が取れないときの遺産分割協議
行方不明で連絡の取れない方(不在者)が相続人にいる場合、不在者を除いて遺産分割協議をしても協議は無効です。 遺産分割は、相続人全員で合意する必要があります。 もし不在者がいるときに遺産を分割するためには、不在者財産管理人の制度を利用します。 不在者財産管理人とは、不在者の代わりに不在者の財産を管理・保存することができる...
相続法の改正が決定!遺産分割・遺言・遺留分などはどうなる?
相続法の改正が決定!遺産分割・遺言・遺留分などはどうなる?
平成25年9月4日、嫡出でない子の相続分について、最高裁で違憲決定が出されました。 これは、非嫡出子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1とする民法の規定が憲法に反していると判断されたものです。 その後、上記の決定を踏まえ、相続法制の見直しが行われました。 今回は、原則2019年(平成31年)7月1日に施行期日が定められ...