契約書は袋とじしなくて問題ない?契約書の作り方と製本グッズ

契約書を袋とじする方法は、多くのサイトや動画などで紹介されています。
しかし、「袋とじ」って面倒ですよね。

そもそも、複数枚の契約書を袋とじする必要はあるのでしょうか。
今回は、袋とじをしなくて済む方法や、便利な製本グッズを紹介します。

袋とじをするかどうかは自由

まず結論として、複数枚にわたる契約書を袋とじする必要は、原則ありません。
その理由は、袋とじをしなくても契約書の真正を担保する方法はあるためです。

最も簡単なのは、契約書の全ページに当事者全員が契印を行う方法です。
契印することにより、袋とじと同様の効力が得られます。

会社によっては、契約書が2、3枚でも袋とじをしているかもしれません。
しかし、袋とじした場合でも、契約書と袋とじ部分の境目には契印をする必要があります。

契印する回数がほぼ変わらなければ、わざわざ型紙を作る時間は無駄ともいえます。
見栄えだけで袋とじをしているのであれば、単純なホッチキス止めに代えても問題ありません。

弊所でも、契約書が2、3枚であれば基本的に袋とじはしていません。
ただ、やはり契約書の枚数が多い場合は袋とじをした方が便利です。

袋とじをしなくて済む契約書作成のコツ

契約書を作る際に以下のような工夫をすることで、袋とじを省略することができます。

  • 両面印刷する
  • 文字のサイズを小さくする
  • A4からA3用紙へ変更する

このような契約書作成方法は、不動産仲介会社の売買契約書でよく見られます。
契約書を少なくするメリットは、契印を押し忘れる確率を自然と低くできることです。

なお、文字の大きさや用紙のサイズが書類の提出先によって定められている場合もあります。
例えば裁判所提出書類であれば、「A4用紙を使用し、文字サイズは12ポイントとすること」等と指定されています。

また、読めない程の小さな文字ですと、クレームにつながりかねません。
余白を詰めすぎて、「契約書をパンチしたら文字部分にまで穴が空いてしまった」ということがないようご注意下さい。

書類の袋とじに便利な製本グッズ

書類の袋とじを頻繁にする方であれば、次の製本テープがお勧めです。
あっという間に正式な袋とじができるため、弊所でも愛用しています。

⇒【楽天市場】「カウコレ」プレミアム 製本テープ割印用 袋とじタイプ100本

なお、製本グッズの中には、正式な袋とじでない、簡易タイプの製本テープも販売されています。
簡易タイプの製本テープは書類の上下を留めないため、書類の差し替えが容易です。

問題が発生しないよう、製本をする場合は上下も留める正式な方法でするようご注意下さい。
以上、契約書を袋とじせずに済む方法と、お勧め製本グッズの紹介でした。

この記事が少しでも参考になりましたら、シェアしていただけますと励みになります。

関連記事

  1. 成年後見人等の候補者とは?後見等開始の申立における注意点
  2. 西宮市・甲子園口の経営者たちの集い“リープリング”に参加しました…
  3. 「確定日付のある証書」を公証役場で作る理由と方法。債権譲渡におけ…
  4. 内容証明郵便が届かない!困ったときの意思表示の公示送達
  5. 高齢者の免許更新手続と注意点|道路交通法改正
  6. 民生委員について分かりやすく解説|仕事や任期・報酬など
  7. 神戸地方法務局西宮支局へのアクセス方法(電車・バス・徒歩)まとめ…
PAGE TOP