不動産登記とは何ですか?

不動産登記は、「不動産の内容を公にするため」に存在します。

不動産は一般的に高額であるため、売買などを行う際には、その不動産が誰の所有で、担保が残っているかなどを確認する必要があります。

不動産の現況や権利関係は、法務局の管理するデータ(登記簿)で確認することができます。

登記簿は手数料を納めることで誰でも請求ができ、「登記事項証明書」という形式で交付されます。

登記簿の内容を変更する場合、法務局に、所定の情報を提出する必要があります。
その際に提出する情報は、不動産取引の安全と円滑を図るため、厳格に様式が定められています。

国家資格者である司法書士は、法務局へ提出する書類の作成や提出を代理で行うことが認められています。

当事務所では、住所変更や相続によって名義が変わった場合や、不動産の売買を行う場合など、不動産登記全般を承っております。

複雑な手続についても、丁寧にサポートさせていただきます。
迅速な対応を心がけておりますので、お気軽にお問合せください。

おすすめの記事
大阪市(大阪府)の戸籍を郵送で取り寄せる方法まとめ
このページでは、大阪市(大阪府)の戸籍を郵送で請求する方法をまとめました。 戸籍取寄せで注意するポイントも解説していますので、ぜひご活用ください。 大阪市(大阪府)の戸籍を郵送請求する際の窓口 本籍地が大阪市(大阪府)の場合、戸籍を郵送請求する際の窓口は以下のとおりです。 〒530-8346 大阪市北区中之島1丁目3番...
民事信託(家族信託)のデメリットとは?成年後見・遺言との違いも
民事信託(家族信託)のデメリットとは?成年後見・遺言との違いも
2017年、NHKの「クローズアップ現代」や「あさイチ」で民事信託(家族信託)が取り上げられました。 内容は、「民事信託(家族信託)を使えば、成年後見や遺言で出来ないことができますよ」といったもの。 メディアの影響もあり、昨今、民事信託に関する関心が高まっているのを感じます。 私が所属する兵庫県司法書士会でも、201...
商業登記とは何ですか?
商業登記とは何ですか?
個人事業を始める場合と異なり、法人で事業をする際は、公証役場や法務局での手続が必要です。 法務局に提出された登記申請書は登記事項証明書(登記簿)として公示され、誰でも手数料を支払うことにより確認できます。 誰でも内容を確認できるということは、取引の相手方が安心して交渉・取引できるという意味です。 法人設立後も会社名・役...