自己破産しても免除されない債権(非免責債権)とは?

自己破産は、債務者の経済的更生を図るための制度です。
しかし、破産をしても免除(免責)されない債権があります。

これが、非免責債権(ひめんせきさいけん)です。

非免責債権に該当すると、裁判所の免責が確定しても債権は消滅しません。
債権が消滅しないという意味は、債権者から請求される可能性が残るということです。

主な非免責債権には、以下のようなものがあります。

  1. 租税(税金)等の請求権
  2. 破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
  3. 破産者が故意または重過失により加えた人の生命または身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権
  4. 破産者が扶養義務者として負担すべき費用に関する請求権
  5. 罰金

なお、これらの債権が時効にもかからず相続された場合、
相続人が支払いを逃れるためには相続放棄する方法が考えられます。

相続放棄をすると、被相続人が有していた一切の権利義務は相続人に承継されません。

相続放棄は、自己のために相続の開始があった時から3ヶ月以内にする必要があります。
手続は、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所です。

関連記事:相続放棄はいつからいつまで?熟慮期間の計算方法

西宮市の司法書士・行政書士今井法務事務所では、自己破産や相続放棄のサポートをしております。
お困りの方は、お気軽にご相談ください。

おすすめの記事
尼崎市(兵庫県)の戸籍を郵送で取り寄せる方法まとめ
このページでは、尼崎市(兵庫県)の戸籍を郵送で請求する方法をまとめました。 戸籍取寄せで注意するポイントも解説していますので、ぜひご活用ください。 尼崎市(兵庫県)の戸籍を郵送請求する際の窓口 本籍地が尼崎市(兵庫県)の場合、戸籍を郵送請求する際の窓口は以下のとおりです。 〒660-8501 (尼崎市役所専用の郵便番号...
内容証明郵便が住所氏名不明で送れない!困った時の意思表示の公示送達
内容証明郵便が住所氏名不明で送れない!困った時の意思表示の公示送達
「内容証明郵便を出したいのに、相手の住所や氏名が分からず送れない・・・」 そうなると、どうしていいか慌てますよね。 今回は、内容証明郵便を送れない場合の意思表示の公示送達について解説します。 この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら幸いです。 内容証明郵便の基礎 内容証明郵便は、以下のようなケースでよく利用されて...
不動産登記における一括申請の可否について(所有権関係)
不動産登記における一括申請の可否(所有権関係)について、先例・登記研究・登記実務等の情報を整理しました。 登記にかかわる方の参考になりましたら幸いです。 先例 数人共有の不動産の所有権を第三者に移転した場合の登記については、同一の申請書によることができる。また、共有者の1人が他の共有者数人の持分を取得した場合の登記につ...
【動画】私の仕事について(司法書士・行政書士・家族信託専門士 今井康介)
先日、YouTubeに自己紹介の動画をあげましたが、第二弾を公開しました。 タイトルは、『私の仕事について(司法書士・行政書士・家族信託専門士 今井康介)』。 今回は、同じアングルからばかりだと飽きるので、少しカメラの位置をずらしてみました。笑 ちなみに、スマートフォンを使って撮影していますので、画像が綺麗でないのは...