法務局へ定款写しを提出するときの3つのポイント

法務局へ商業登記を申請する際、定款を提出するよう求められる場合があります。(商業登記規則第61条第1項)
その際に注意したいのは以下の3点です。

  1. 定款の全文を添付すること
  2. 定款は袋とじをするか、各ページ綴り目に会社代表印で契印すること
  3. 定款の最終ページに、「定款原本と相違ない」旨を明示(署名捺印)すること

1.定款の全文を添付すること
定款を提出する際、登記に関係ない部分は省略してもよいかと考えがちですが、先例では全文が要求されています。(昭和35.9.26民事甲1110号)
そのため、定款の一部だけではなく、定款の全文を添付するようにして下さい。

2.定款は袋とじをするか、各ページ綴り目に会社代表印で契印すること
定款の袋とじや契印(いわゆる割印)がなされていない場合、登記は補正の対象となります。
契印は必ず法務局へ届出している会社代表印で行うようにご注意下さい。

3.定款の最終ページに、「定款原本と相違ない」旨を明示(署名捺印)すること
正確には、定款最終行の下部余白に、以下の記載を行います。
「◯年◯月◯日 この定款は原本と相違ない ◯◯株式会社 代表取締役◯◯」
そして、代表取締役氏名の横に、また代表印を押印します。

以上、法務局へ定款写しを提出するときの3つのポイントでした。
この記事が少しでも参考になりましたら、シェアしていただけますと励みになります。

おすすめの記事
取締役の役割と責任範囲|仕事をしない取締役には賠償責任も
取締役の役割と責任範囲|仕事をしない取締役には賠償責任も
株式会社を立ち上げ取締役になっても、「何をしたらいいか分からない!」という方もおられるかと思います。 取締役の責任や役割は複雑であるため、知識がないまま取締役になると大変です。 今回は、取締役の仕事や役割、責任範囲などについてお伝えします。 株式会社設立をお考えの方や、取締役についてご興味のある方はぜひお読み下さい。...
家族信託(民事信託)の3つのメリット|専門家が分かりやすく解説
家族信託(民事信託)の3つのメリット|専門家が分かりやすく解説
近年、ご自身が認知症になった場合の対策として、家族信託を検討される方が増えています。 家族信託(民事信託)は、家族や親族に財産を管理してもらう、財産管理の一手法です。 最近、TVなどメディアや雑誌で家族信託が特集されることも多くなりました。 そのため、 「家族信託について知りたい」 「自分も家族信託を使うメリットがあ...
成年後見でできないことは?贈与・担保設定・増改築をしたいなら
昨今、「成年後見制度ではできないこと」がクローズアップされて、 成年後見が批判の対象になることが増えてきました。 また、成年後見に携わる弁護士・司法書士も悪者扱いされて、 法律専門家が高齢者や障がい者を騙しているようなイメージを持つ人もいます。 「成年後見は使ってはいけない!」 「成年後見制度は認知症の対策になりま...
札幌市(北海道)の戸籍謄本を郵送で取り寄せる方法まとめ
このページでは、札幌市(北海道)の戸籍謄本等を郵送で請求する方法をまとめました。 戸籍取寄せで注意するポイントも解説していますので、ぜひご活用ください。 札幌市(北海道)の戸籍謄本を郵送請求する際の窓口 本籍地が札幌市(北海道)の場合、戸籍謄本等を郵送請求する際の窓口はこちらです。 こちらに必要書類一式を送ることで、戸...