新着記事
建設業許可の一式工事とは?土木一式と建築一式の違いや一括下請負について
建設業許可の一式工事とは?土木一式と建築一式の違いや一括下請負について
建設業に携わる場合、建築一式以外の工事では、 請負金額が1件500万円(税込)を超える工事であれば建設業許可を取る必要があります。 建設業許可は2つの一式工事と27の専門工事に分かれており、 許可を取る場合はどの業種を取得するか理解することが大切です。 今回は、多くの方が勘違いしやすい「一式工事」や、土木一式工事と...
宝塚市(兵庫県)の戸籍を郵送で取り寄せる方法まとめ
このページでは、宝塚市(兵庫県)の戸籍を郵送で請求する方法をまとめました。 戸籍取寄せで注意するポイントも解説していますので、ぜひご活用ください。 宝塚市(兵庫県)の戸籍を郵送請求する際の窓口 本籍地が宝塚市(兵庫県)の場合、戸籍を郵送請求する際の窓口は以下のとおりです。 〒665-8665 兵庫県宝塚市東洋町1番1号...
千葉市(千葉県)の戸籍謄本を郵送で請求する方法まとめ
このページでは、千葉市(千葉県)の戸籍謄本等を郵送で請求する方法をまとめました。 また、戸籍取寄せで注意するポイントも解説していますので、ぜひご活用ください。 千葉市(千葉県)の戸籍謄本を郵送請求する際の窓口 本籍地が千葉市(千葉県)の場合、戸籍謄本等を郵送請求する際の窓口は以下のとおりです。 〒260-8734 千葉...
高齢者の免許更新手続と注意点|道路交通法改正
高齢者の免許更新手続と注意点|道路交通法改正
平成29年3月12日、高齢者の運転免許の更新制度が改正されました。 今回、道路交通法改正の内容や、影響について解説していきます。 まず、昨今はニュース等で報道されているとおり、高齢者の運転による事故が問題となっています。 日本の運転免許保有者は8215万人で、日本の人口が1億2700万人のため、およそ3人に2人が運転免...
成年後見人等の候補者とは?後見等開始の申立における注意点
成年後見人等の候補者とは?後見等開始の申立における注意点
成年後見制度を利用する場合、誰が成年後見人に就任するかは重要です。 家庭裁判所への後見開始申立てに際しては、成年後見人の候補者を推薦することができます。 それでは、家庭裁判所は必ず申立人が希望した候補者を選んでくれるのでしょうか。 また、候補者がいない場合はどうなるのでしょうか。 今回は、後見等開始において、成年後見人...
広島市(広島県)の戸籍謄本を郵送で請求する方法まとめ
このページでは、広島市(広島県)の戸籍謄本等を郵送で請求する方法をまとめました。 戸籍取寄せで注意するポイントも解説していますので、ぜひご活用ください。 広島市(広島県)の戸籍謄本を郵送請求する際の窓口 本籍地が広島市(広島県)の場合、戸籍謄本等を郵送請求する際の窓口はこちらです。 こちらに必要書類一式を送ることで、戸...
建設業の許可更新は何年ごと?申請期限・条件・手数料など
建設業の許可更新は何年ごと?申請期限・条件・手数料など
「建設業の許可を取ったはいいけど、その後何もしていない・・・」 そんな場合は注意が必要です。 建設業の許可は更新制であり、また、会社の内容に変更があった場合にも手続をする必要があります。 必要な手続を放置していると、大きな不利益をこうむりかねません。 本記事では、建設業許可について、許可期限・条件・手数料などを解説...
遺言をお勧めする4つのケース~遺産分割で悩まないために~
遺言をお勧めする4つのケース~遺産分割で悩まないために~
あなたは、遺言についてどのようなイメージをお持ちでしょうか。 もしかすると、「遺言は財産を持っている人だけの話」「自分はまだ若いので関係ない」と考えておられるかもしれません。 しかし、遺言に対する世の中の意識は変化しており、遺言書を作成する人口は増加しています。 日本公証人連合会の統計では、平成19年1月から12月まで...
登記名義人住所変更登記で住民票・戸籍附票が取れない場合の対処法
登記名義人住所変更登記で住民票・戸籍附票が取れない場合の対処法
日本司法書士会連合会が発行している『月報 司法書士』の2018年2月号で、登記名義人住所変更登記についてのコラムがありました。 テーマは、「登記名義人の住所変更登記で住民票・戸籍附票が取れない場合どうするか?」というもの。 専門的な内容となりますが、今回はこのコラムの概要を紹介いたします。 もし同じ問題でお困りの方が...
遺言の有無を確認したい!遺言の探し方と相続手続の注意点
遺言の有無を確認したい!遺言の探し方と相続手続の注意点
相続が発生した場合、相続手続する前にまず確認するのが遺言の有無です。 もし被相続人が遺言を遺していた場合、遺言内容を無視した遺産分割をすると協議が無効となるおそれがあります。 しかし、被相続人が遺言を遺しているか分からない場合はどうすればいいでしょうか。 遺言は極めてプライベートなものであるため、遺言を作成したことを...
スポンサーリンク