世の中の法には、「実定法」「自然法」といった区分があります。

 

実定法と自然法は、辞書では以下のように定義されています。

実定法・・・社会に現実に行われている法。人が人為的に定め、または変改・廃棄することのできるもの
自然法・・・事物の自然本性から導き出される法の総称

 

しかし、言葉だけではどんなものかイメージしにくいですよね。

今回は、実定法と自然法との違いを、例を挙げてできるだけ分かりやすく解説します。

 

また、実定法と自然法のどちらが大事かや、私が好きな自然法についても言及しました。

あなたの参考になりましたら幸いです。

実定法とは?

実定法とは、憲法・民法・会社法・刑事訴訟法など、人が作った法のこと。

慣習によって守られるようになった慣習法や、裁判所の判例なども実定法の一種です。

 

法律家が日常的に扱う法律は、この実定法。

例えば、司法書士が不動産売買に立ち会う際は、民法・不動産登記法・農地法・区分所有法などの実定法に基いて手続を進めます。

 

実定法は、自由意思をもった個人をまとめるためには必須のもの。

しかし、世の中には実定法だけでなく、自然法という目には見えない法則も常に存在しています。

自然法とは?

自然法とは、自然の定めにより存在している法則・道理・道徳のこと。

 

例えば、

「悪口や二枚舌を使うと嫌われる」

「貪欲・怒り・慢心・偏見などは人の心を乱す」

「自己犠牲の精神で努力している人は救われる」

といったものです。

 

自然法は永遠に変わらない法則であり、いくら科学が発達しても廃れることはありません。

実定法と自然法、どちらが大切?

それでは、実定法と自然法では、どちらが大切なのでしょうか。

答えは、「実定法と自然法のどちらも大切だが、自然法に逆らう実定法には問題がある」です。

 

自然法に反する実定法は、砂上の楼閣とも言えます。

共産主義が繁栄をもたらさなかったように、自然法を無視する実定法が人に幸せをもたらすことはありません。

 

ギリシャ神話では、ロウで出来た翼を持ったイカロスという人物が、太陽に近づきすぎたため翼が溶け墜落死しました。

これは「太陽に近づいてはいけない」という実定法がなくても、自然法に逆らったために起こった悲劇です。

 

「悪いことをしてお金持ちになっている人もいるじゃないか」と考える方もおられるかもしれませんが、

『今世で蒔いた種は来世で刈り取らなければならない』という考えも自然法にあります。

 

実定法は大事ですが、自然法の存在を無視してはいけません。

いくら耳障りの良い儲け話があっても、それが「自然法に一致しているか」どうか考えることは大切です。

最後に

最後に、私の好きな自然法を紹介します。

・人に親切にしたか
・この人生を今日も楽しんだか
・常日頃から心を磨いているか

「銀座まるかん」創業者で高額納税者12年間連続10位以内を果たした斉藤一人さんも、この考えを大切にしています。

 

実定法を守っていても、自然法をないがしろにする人には魅力がありません。

反対に、実定法をあまり知らなくても、自然法に従って生きている人は魅力的です。

 

21世紀は「心の時代」と言われます。

そのため、これからの法律家は、実定法だけではなく、自然法にも通じる必要があると私は考えています。

 

偉そうな書きぶりになりましたが、私の考えを率直に綴ってみました。

少しでも同感していただければ、これ以上嬉しいことはありません。

おすすめの記事
成年後見人等の候補者とは?後見等開始の申立における注意点
成年後見人等の候補者とは?後見等開始の申立における注意点
成年後見制度を利用する場合、誰が成年後見人に就任するかは重要です。 家庭裁判所への後見開始申立てに際しては、成年後見人の候補者を推薦することができます。 それでは、家庭裁判所は必ず申立人が希望した候補者を選んでくれるのでしょうか。 また、候補者がいない場合はどうなるのでしょうか。 今回は、後見等開始において、成年後見人...
内容証明郵便が住所氏名不明で送れない!困った時の意思表示の公示送達
内容証明郵便が住所氏名不明で送れない!困った時の意思表示の公示送達
「内容証明郵便を出したいのに、相手の住所や氏名が分からず送れない・・・」 そうなると、どうしていいか慌てますよね。 今回は、内容証明郵便を送れない場合の意思表示の公示送達について解説します。 この記事が少しでもあなたのお役に立てましたら幸いです。 内容証明郵便の基礎 内容証明郵便は、以下のようなケースでよく利用されて...
民法改正による遺産分割・遺言・遺留分・特別の寄与の取り扱い
民法改正による遺産分割などの取り扱いを抜粋してご紹介します。 遺産分割前に相続財産が処分された場合の取り扱い(令和元年7月1日以降の相続から) 遺産分割前に相続財産が処分された場合も、共同相続人全員の合意があれば、 『処分された財産も、遺産分割時において遺産として存在する』とみなせることが明確化されました。(新民法第9...
YCS(横山直宏コンサルティングサービス)の評判・口コミと実際
YCS(横山直宏コンサルティングサービス)の評判・口コミと実際
(※プライバシーに配慮し、画像を加工しています) こんにちは。 司法書士・行政書士の今井康介です。 本記事では、私が2018年6月から参加しているYCS(横山コンサルティングサービス)の内容をご紹介します。 この記事に辿り着いて下さったあなたは、広告やSNSなどでYCSのことを知り、 以下のような評判や口コミを調べ...