Facebookグループに参加していると、バッジが貰えることがあります。

以下の投稿では、私の名前の下に「創立メンバー」と表示されているのがバッジです。

このFacebookグループのバッジ機能、一体どんな意味があるんでしょうか。

 

今回は、Facebookグループのバッジ機能について、内容や、表示方法などを調べてみました。

あなたの参考になりましたら幸いです。

Facebookグループのバッジ機能とは?

Facebookグループのバッジ機能は2017年に追加された機能です。

公式サイトには、バッジ機能について、以下のような説明があります。

バッジ:グループの中で、誰がどのような役割の人物なのかを簡単に見分ける方法がほしいという声を受け、「バッジ」機能を追加しました。グループの管理者、モデレーター、そして新しく加入したメンバーには、それぞれの「バッジ」が表示されるようになります。

つまり、バッジは「その人の役割を見分ける機能」ということですね。

 

なお、管理者やモデレーターには、Facebookグループを管理運営する様々な権限が付与されます。

例えば、グループ名やカバー写真の変更、メンバーリクエストの承認・却下など。

 

しかし、管理者やモデレーター以外のバッジを持っている方の場合、特別な権限はありません。

ただ、個人的にはバッジを貰えると少し嬉しいので、メンバーの連帯感向上にはなりそうですね。

管理者やモデレーターのバッジはどうしたら表示される?

管理者やモデレーターのバッジは、メンバーが250人以上いるグループに自動的に表示されます。

管理者やモデレーターがバッジを取得すると、グループの管理者やモデレーターを特定しやすくなり、グループの他のメンバーとの区別が明確になります。バッジは、管理者やモデレーターの名前の横に表示されます。
現在、バッジは、メンバーが250人以上いるグループに自動的に表示されます。バッジを非表示にすることはできません。

ちなみに、モデレーターとは、英語で「司会」「議長」「調整者」といった意味で、管理者を補佐する役割の人。

 

私もFacebookグループを管理していますが、確かにメンバーが250人以下の場合にバッジは表示されません。

Facebookグループで自分のバッジを確認する方法

Facebookグループで自分のバッジを確認するには、以下の手順が必要です。

バッジはあなたのグループ投稿やコメント、およびグループプロフィールに表示されます。
自分のバッジを管理するには:
1.ニュースフィードで、左側のメニューにある[グループ]をクリックし、グループを選択します。
2.グループ内にある自分の投稿の1つにスクロールし、自分の名前をクリックします。
3.[バッジを管理]をクリックします。
4.自分のグループ投稿やコメントに表示するバッジを選択し、[保存]をクリックします。

グループでバッジをオンにするかオフにするかはグループ管理者が決められます。

また、以下の手順でも自分のバッジを確認することができます。

 

1.Facebook右側の「説明」から、メンバーの人数が表示されている箇所をクリック。

(以下の画像では「559人」の部分)

2.自分の情報が表示されるので、バッジをクリック。

(以下の画像では「創立メンバー」の部分)

3.「バッジを管理」をクリック。

4.バッジの説明が表示されます。なお、バッジを表示させたくなければ、チェックボックスをオフにして保存。

以上にように、自分のバッジを確認することができます。

自分が管理するグループでバッジを管理する方法

Facebookグループは、他の人が管理しているグループに参加することもあれば、自分自身でFacebookグループを作成することもあります。

では、自分が管理するFacebookグループでバッジを管理したい場合、どのようにすればいいでしょうか。

 

Facebookには、以下の手順が紹介されています。

バッジは、利用資格のあるメンバーのグループ投稿やコメント、およびグループプロフィールに表示されます。グループ管理者はグループ全体でバッジをオンまたはオフにすることができますが、個人のバッジについては変えられません。
グループのバッジをオンまたはオフにするには:
1.ニュースフィードで、左側のメニューにある[グループ]をクリックし、グループを選択します。
2.その他[その他]をクリックし、[グループの設定を編集]を選択します。
3.[バッジ]セクションまで下にスクロールし、[バッジを管理]をクリックします。
4.グループでオンにするバッジを選択し、[保存]をクリックします。

グループメンバーは個別にバッジをオフにすることもできます。

つまり、管理者であっても個人のバッジを個別に管理することはできず、グループ全体でバッジをオンまたはオフにするかしかないということですね。

 

私が作成したFacebookグループでも、「バッジを管理」する機能がありました。

まとめ

Facebookグループのバッジ機能について、お分かりいただけたでしょうか。

Facebookグループを管理している方は、バッジ機能でメンバーの仲間意識を高めることもできそうです。

 

私も自分が運営するグループで、今後、バッジを活用していきたいと思います。

おすすめの記事
【動画】私の仕事について(司法書士・行政書士・家族信託専門士 今井康介)
先日、YouTubeに自己紹介の動画をあげましたが、第二弾を公開しました。 タイトルは、『私の仕事について(司法書士・行政書士・家族信託専門士 今井康介)』。 今回は、同じアングルからばかりだと飽きるので、少しカメラの位置をずらしてみました。笑 ちなみに、スマートフォンを使って撮影していますので、画像が綺麗でないのは...
成年後見人等の候補者とは?後見等開始の申立における注意点
成年後見人等の候補者とは?後見等開始の申立における注意点
成年後見制度を利用する場合、誰が成年後見人に就任するかは重要です。 家庭裁判所への後見開始申立てに際しては、成年後見人の候補者を推薦することができます。 それでは、家庭裁判所は必ず申立人が希望した候補者を選んでくれるのでしょうか。 また、候補者がいない場合はどうなるのでしょうか。 今回は、後見等開始において、成年後見人...
登記名義人住所変更登記で住民票・戸籍附票が取れない場合の対処法
登記名義人住所変更登記で住民票・戸籍附票が取れない場合の対処法
日本司法書士会連合会が発行している『月報 司法書士』の2018年2月号で、登記名義人住所変更登記についてのコラムがありました。 テーマは、「登記名義人の住所変更登記で住民票・戸籍附票が取れない場合どうするか?」というもの。 専門的な内容となりますが、今回はこのコラムの概要を紹介いたします。 もし同じ問題でお困りの方が...
自己破産で車を残す方法は?ローンが残っているときの注意点など
自己破産で車を残す方法は?ローンが残っているときの注意点など
自己破産を考えたとき、自家用車を手放さずにいられるどうかは大きな問題です。 「破産しても車を取られない方法があれば」と考える方は多いのではないでしょうか。 今回は、自己破産で車が残せるかどうかについて、分かりやすく解説しました。 ローンが残っているときの所有権留保(しょゆうけんりゅうほ)の問題は重要ですので、ぜひお読み...